vol.05 守屋 直揮
Webアプリケーション エンジニア 守屋 直揮

優先すべきは“エンドユーザーファースト”の視点とエンジニアの情熱

鈴与シンワートに入社するまでの経緯

大学院生時代に知人と携帯アプリサイトの制作会社を立ち上げ、その後はネット広告の代理店でネットワークシステムの計画や設計に携わり、フリーエンジニアとしても数年活動していました。その後、知人の紹介があり、鈴与シンワートに入社しました。
それまでは、契約処理をはじめすべての業務を自身で行うため、本業に十分な時間を費やせませんでしたが、今は自分で受注額を交渉しなくても安定した給与が支払われ、ボーナスと将来的には退職金も得られます。何よりやりたいことに集中できる環境に変わり、私にとって本当の自由を得ることができました。

現在の仕事と役割

WEBアプリケーションの開発を行うチームで、チームリーダーとして働いています。チームには技術を追求するエンジニアがおり、企画提案、要件の創出と作成、システムの開発を行うなど、各自の得意分野をベースに業務を行っています。リーダーの立場として、各自の不足したリソースを補うため開発を行ったり、環境を作る業務や、メンバー各自の理想を実現するため、社内外の対応をしています。チームとして大きな決断が迫られる局面では状況を把握し、イニシアチブをとって方向を決める立場でもあります。

エンドユーザーファーストで進むことができる

今、私のチームではある案件でClojureScriptを使ってシステムを開発しています。ClojureScriptを取り入れたのは、チームメンバーの1人が「どうしてもこれをビジネスで使いたい」と提案してきたのがきっかけです。今まで使ったことのない技術にゴーサインを出す上では、提案してきた彼にどこまでの知識と情熱があるかを見極めることが重要でした。彼に理由を訊ねると、「ClojureScriptを使えばフレームワークが向上し、エンドユーザーメリットも生まれる」ということでした。検証した結果、その主張は十分に納得でき、彼なりのアイデアと情熱も詰まっていました。日々の仕事では、右か左か、どっちに進むべきかの選択を迫られる局面は多々訪れます。そのときお互いに綱引きをしているだけでは何も進みません。大切なのは、お客様を幸せにする“エンドユーザーファースト”の目線で先に進むことです。上からマニュアルやルールを押し付けられる環境では実現できませんが、鈴与シンワートはむしろ、現場の判断を後押ししてくれます。エンジニアの情熱で“エンドユーザーファースト”を実現できる会社です。

今後のキャリア形成

システム基盤の設計構築からアプリケーション開発まで、私なりにやりたいと思っていた技術ジャンルはこれまでのキャリアですべて経験してきました。今は、その中のどの技術をどう伸ばしていくかという次のステージに来ています。“提案書1000本ノック”ではないですが、現在の職場で目の前の業務を数多くこなし、場数を踏んだ上で、自分にしかできないワークスタイルというのを確立していきたいですね。そこまでステップを踏めば、その次の目標でもある“エンジニアの技術力を適正に評価できるマネージャー”という道が拓けてくると思います。

※本文に記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

TOPへ