採用FAQ

環境について

社内開発と社外開発担当の人数の割合はどれくらいでしょうか
部門によってさまざまで、自社開発が大半の部門もあれば、社外開発案件が中心の部門もあります。
詳しくはお問い合わせください。
開発期間はどのくらいでしょうか
開発内容によりさまざまですが、2~3か月の短期間のプロジェクトから、1年以上にわたる長期プロジェクトまであります。
詳しくはお問い合わせください。
大規模開発にはどのようなものがありますか
たとえば、ロジスティクスソリューション部で開発している国際物流分野では、100人以上もの人が関わる大型プロジェクトもあります。
ほかにも規模の大きなプロジェクトでマネジメントに携わる機会があることは、当社の魅力のひとつです。
社外開発担当者の情報共有はどのようにしているのでしょうか
月に一度は会社に戻って部門会を行ったり、全社員が参加する情報伝達会議があります。また、マネージャーが各現場をまわり、定期的にミーティングを実施しています。時にはランチを取りながら、といった気軽な場でも行われているようです。
仕事上、エンジニア以外との社内連携はありますか
営業担当者とは連携を取る場面が多く、営業としての立ち回りを求められるポジションもございます。それぞれ社員が業務を完遂する上では、職種の分け隔てなくチームとして動く必要がありますので、会社のオフィスはワンフロアで仕切りのないオープンなレイアウトとなっています。営業部門、管理部門、さらには経営陣にも、報告や相談がしやすい環境です。
社内イベントはありますか
年に一度、全社員を対象とした家族連れで参加できるバスツアーの企画や、有志が集まり結成をし、会社が活動費を補助しているサークル活動もさまざまあります。何かと多趣味な社員が多く、ゴルフ、テニス、スキー、釣り、などなど・・・趣味を通じて役職の垣根なく交流をしている社員が多いです。ご興味があればぜひ参加してください。
女性の管理職はいますか
います。部長職についているものもすでに複数名おります。一方で全社の産前産後休暇や育児休暇の取得率も高く、業務で課せられる負荷とご家庭の事情を考慮し、ご自身がどうしていきたいか、話し合い調整していこうとする風土があります。

制度について

入社後の研修はどのようなものがありますか
基本として階層別の研修があります。入社時、1年目、2年目、3年目のフォロー研修、若手、中堅層のSE育成研修、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー育成研修、管理職向けの研修、とさまざまです。
また、各部員が率先して学びたい専門性の高い内容や、さらなる自己啓発については、部門ごとに教育費がありますので、予算内で外部講師を招くなど、独自の教育研修を実施しています。
資格取得についてサポートはありますか
会社として取得を推奨しており受験時の費用を会社負担としているものや、取得後に賃金に反映される資格もあります。
個人の目標として設定をするなど、資格習得に関して貪欲な社員が多いです。
評価制度はどのようなものですか
年に2回、半期ごとの目標設定に対して、自己評価、および直属の上司との面談とフィードバックを実施し、次期目標を設定する、という人事考課を行っています。
昇格についても入社年次や入社形態に関わらずあくまでフラットに評価をする実力主義の風土です。
福利厚生制度について教えてください
当社やグループが契約している福利厚生サービスにより、全国の宿泊施設、保養施設、スポーツ施設などが会員価格で利用できたり、グループ会社の事業関連商品やサービスが、グループ社員価格で購入できる機会があります。
また会社からの補助制度として、社員同士のコミュニケーションを目的とした同好会制度があるほか、業界では珍しい退職金制度も整っています。
TOPへ