vol.04 渡邉 有美
カスタマーサポート 渡邉 有美

社員のやる気を引き出してくれる環境があるから前進できる

入社して自分の働き方はこう変わった

学生時代に簿記の勉強をしていたこともあり、前職から会計システムの開発や運用保守に関わる業務に携わっています。直近で在籍していた企業は鈴与シンワートの子会社でしたが、2016年2月に鈴与シンワートへ事業承継したことにより私自身も転籍し、現在に至ります。社員数が桁違いの大企業に職場が変わり、気持ちの面で少しゆとりが出てきました。同じ業務を担当している同僚の数が多い分、仕事で行き詰まったときでもアドバイスをしてくれる人がたくさんいます。社員のフォローアップ体制がしっかり整っているところに安心感を持ちながら仕事を進められるようになりました。

現在の仕事とやりがい

現在は、鈴与シンワートで取り扱う会計ソフトウェア『SuperStream』や、グループウェア『POWER EGG』をご契約いただいているお客様の保守サポート業務に携わっています。何らかのエラーが発生した際にお客様から電話やメールでお問い合わせいただき、それを解決する方法を回答したり、その場で対応できない場合は製品メーカーの担当者に連絡して復旧方法を確認したりしています。原因はサーバの不具合や人的ミスなどケースバイケースですが、日々舞い込む問い合わせの中には「取引先に○時までに入金しなければいけないのに入金データが作れない!」といった緊急を要する問い合わせも少なくありません。慌てて冷静さを失っているお客様には、まず、気を落ち着かせてあげることが大切です。その上で、ソフトウェアの状況とエラー内容を正確にヒヤリングし、解決策を検討します。うまくいったときにお客様からいただく「ありがとう」の言葉は、何よりの仕事のエネルギーになります。

今後のキャリア形成

保守サポート業務では、システムの基礎知識や製品知識はもちろん、お客様と接する窓口業務ですのでコミュニケーションスキルが求められます。また、会計ソフトウェアを扱っているので簿記などの業務知識があると仕事の品質も上がります。そこは、少しずつでも自分のスキルとして高めていきたいと考えています。鈴与シンワートは教育・研修制度が充実しています。新入社員、若手・リーダー層、マネジメント層と各階層別の研修プログラムがあり、私も研修を受けて社内資格であるPL(プロジェクトリーダー)の認定試験に無事合格しました。

モチベーション次第で仕事の幅が広がり、それに応じた待遇も付いてきます。社員のやる気を引き出す環境が鈴与シンワートにはあると実感しています。

※本文に記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

TOPへ